Roster

投手
49 ジェレミー・アカード
34 A.J バーネット
39 グスタボ・チャシン
37 スコット・ダウンズ
54 ジェイソン・フレイザー
32 ロイ・ハラデイ
44 ケイシー・ジャンセン
28 ショーン・マーカム
18 大家友和
7 ジョシュ・タワーズ
36 ジェイミー・バーミリーア
31 ヴィクター・ザンブラーノ

捕手
47 ジェイソン・フィリップス
9 グレッグ・ゾーン

内野手
11 ロイス・クレイトン
25 トロイ・グロース
2 アーロン・ヒル
6 ジョン・マクドナルド
11 ライル・オーバーベイ
68 ジェイソン・スミス

外野手
15 アレックス・リオス
10 バーノン・ウェルズ

指名打者
26 アダム・リンド
24 マット・ステアーズ
35 フランク・トーマス


故障中
22 ブランドン・リーグ
52 B.J ライアン
3 リード・ジョンソン

ブロとも申請フォーム

<
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ブルージェイズ
大家のブルージェイズ、日系ブラジル人左腕を獲得
Matumoto can't believe his good fortune

ジョー・マツモト・・・日系ブラジル人投手と契約。
これでも南米MVPだそうです。ベネズエラと国境を接しているのに・・

本人はポルトガル語しか話せませんが、妻が英語が堪能で現代理人のヘンドリックスにEメールを送ったりして獲得を懇願したそうです。
これでデビューしたらまさに"オールドルーキー"ですよ!
開幕はAAA級で迎えそうですが是非トロントに上がってきてほしいですね!

今日もテスト勉強で忙しいのでこの辺で。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:ブルージェイズ
Notes: Ohka arrives at Jays camp

Toomo.jpg


いよいよ大家がダニーディンに到着!
"日本人記者がジェイズを常時カバーしている記者を圧倒した"
・・・・やっぱり日本メディアは日本人選手のストーカーですね(笑)

まだ時差ぼけが残り、疲れている模様。フロリダへ行くんだったら乗り換えもしないといけないし、大変でしょうね・・・怪我は”今のところ大丈夫”だそうです。


そしてカナディアンのマット・ステアーズもキャンプに到着。
オフシーズンはメーン州でホッケーとホッケーのコーチをしながらすごした(!)らしい。やっぱりカナディアンはホッケーから切り離して語れない・・

日加(加=加奈陀=カナダ)でチームを引っ張れ!
DATE: CATEGORY:ブルージェイズ
Zambrano throws for Blue Jays

とりあえずザンブラーノは投げられているようです。
今のところは問題なさそう。

あとはザンブラーノの起用はシーズン後半になるかもしれないとか、NYYとBOS相手の被打率はそれぞれ.223、.246だとか。

ある程度働けばかなりお買い得な契約になりそうですね。
DATE: CATEGORY:ブルージェイズ
【MLB】ブルージェイズ大家の“上司”が2008年まで契約延長
Jays, Gibbons agree to extension

ああ・・・なんか不安だなあ・・・
一部ではいい評価を受けている監督ではあるものの、去年は”事件”を2つ起こし、リリーフの投入が裏目に出る試合が結構目立ったり・・

本当はもっと書きたいんですけど今日は遅く帰ってきてテストも近いのでこの辺にします。

DATE: CATEGORY:ブルージェイズ
公式HPの上の部分がかなり変わってます。
スローガン見たいなのが、"It's always game time"
日本語に訳したらどうなるんだろう。ボキャブラリーが足りないから無理・・・Jesus....

ところでジェイズ戦士たちはキャンプに続々到着しているそうです。もちろん投手と捕手オンリーですが。そのほかの野手は水曜日に到着予定となっております。

投手は通常通りキャンプ入りする予定です・・・・ビザの問題がある大家とザンブラーノ以外は。
Notes: Visa issues holding up hurlers

僕はビザについてはカナダにいたときも親まかせだったので詳しいことについては分かりません。
でもともかく決まっているのは、二人の合流日は火曜日か水曜日ということ。遅れから焦るようなことがないといいですが。
DATE: CATEGORY:ブルージェイズ
Walker signs Minor League deal

ピート・ウォーカー、招待選手で参加。
05年は好投したけど、去年は確かシーズン途中で手術で離脱したような。

復活なるか。
DATE: CATEGORY:MLB他
ア・リーグ中地区キャンプ見どころ
これを見た瞬間笑ってしまった。

先発のフレディ・ガルシア、ブランドン・マッカーシー両投手を放出し、ガビン・フロイド投手、ジョン・ダンクス投手ら若手有望株を獲得。2005年シーズンを上回る投手王国ができ上がるのは間違いない。

こ れ は ひ ど い。
去年17勝したガルシアとマッカーシーを出して超伸び悩んでいるフロイド、ダンクスを加えて「2005年を上回る投手王国になるのは間違いない」
・・・・ 去年のローテよりさらに悪化しているのに気づかないんですかね?Major.jpは。
DATE: CATEGORY:日常
今日はマラソン大会がありました。
体力の無い僕にとってはかなりしんどかったです()´д`()

でも8kmくらいから現れた足の痛み、肩の痛みにも耐えて結構な高順位でゴール!去年より順位を70番くらい上げて友達から驚かれました。
短距離ではどうしようも無いけど、長距離だったらNEVER Give up精神と根性である程度はカバーできますよ。これからマラソン大会の人は途中で吐きそうになってもがんばってください!(吐くってそこまでつらいのかよ)



そしてジェイズのことですが、ファンタジー・ベースボールで、(僕にはやる時間が無くてあまりやっていないのでわかりませんが)B.Jライアンが大人気だそうですね。

やっぱり去年の活躍度は大きかったかな?今年もクローザーについては心配なさそうです。ただ気になるのはB.Jの投球フォームは故障しやすいとどこかで見たことがあること。まあ、その場合は100マイルハワイアンのブランドン・リーグが埋めるので大丈夫でしょう。

さて、スプリング・トレーニングもあと一週間ほどで始まります。(投手と捕手は)日本ではもうとっくにキャンプは始まっていますが、やはり僕は「まだ」という感じです。スプリング・トレーニングが本当に待ち遠しいです。

そしてブルージェイズの公式掲示板の「トモ・オオカのニックネームを考えよう」の内容。

候補:
sushi deliverly man
Tomo-Hawk
T-Bone(バーネットにこのニックネームが付くべきではないのか??)
Raymond(意味不明)
Ohkacchino(Capcchinoにちなんでか?)
T.O(T.Oはトロントを指す)
OH Tomo!(Oh! Henryというお菓子にちなんで)

Sushi Deliverly manは絶対却下。ありえねえよ。
やっぱり一番響きがいいのはTomo-Hawk。ブレーブスのパクリで"Tomo-Hawk Chop"でもやれば面白い(笑)
DATE: CATEGORY:ブルージェイズ
招待選手を左上にアップしました。
Geremi Gonzalez-2003年にタンパベイで25先発し、04年には日本開幕戦でも登板したがその後は結果を残せず。去年はミルウォーキーで中継ぎも安定感なし。

Blaine Neal-02年にフロリダで防御率2.73、04年にサンディエゴで防御率4.07を残したが、その後は低迷。06年はメジャーでの登板なし。

Brian Wolfe-メジャー登板なし。よく分からない。

Victor Zambrano-かつてのタンパベイのエースも肘の故障で去年はほとんど登板なし。復活なるか。

Sal Fasano-パンチ力のある捕手。バックアップならフィリップスを押しのける力はある。

Kevin Barker-去年9月に昇格して17打席だけ立った。今年もおそらくマイナースタート。

Jeff Duncan-メッツで全然打てなかった外野手。ジェイズの強力外野陣にはおそらく入り込めない。

Chad Mottola-去年僅かにメジャーでプレーしたが、あくまで保険用。ほとんど出番はなさそう。

Matt Stairs-カナダ・ニューブランズウィック州セントジョン出身。
38歳になるが1塁、外野の控えになれる可能性は無いことは無い。
カナディアンなのでがんばってほしい。
DATE: CATEGORY:ブルージェイズ
Jays keep non-arbitration streak intact
ブルージェイズ、外野両翼のレギュラーらと再契約

ついに、リオスとジョンソン、そしてダウンズと契約合意しました!

●アレックス・リオス/Alex Rios
253万5000ドルで契約に達しました。
去年大ブレークした若手選手です。しかし前半戦終了前にブドウ球菌という感染症にかかってしまいそれから成績が急降下しました。
しかし去年は健康なら3割25本塁打は打てる。強肩、好守。
でもこんな馬鹿なプレーもあって、世間からは守備が悪いと思われている。
Alex Rios helps Alex Cora complete home run
Doc様がぶちきれてます・・ちなみに中国語です。台湾ESPNの放送かな・・

●リード・ジョンソン/Reed Johnson
こちらは300万7500ドル。
.270程度の打者でしたが去年はプラテューン体制で大爆発。
シーズン終盤に失速したものの出塁率.390は一番打者の中で1位。
守備でもハッスルプレーで、ジェイズ版トロット・ニクソン。
去年は皮肉にもレギュラーになってから失速。なので、バッティングセンスのいい新人リンドと今年も併用になるかもしれません。

●スコット・ダウンズ/Scott Downs
こちらは102万5000ドル。
去年は59試合登板(先発は5試合)で、防御率は4.09。
普通のリリーバーだなと思っていると思いますが、リリーフ時の防御率は2.77です。
でも、あまり安定していたという印象はありませんでしたが。

copyright © Go Jays Go! all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。