Roster

投手
49 ジェレミー・アカード
34 A.J バーネット
39 グスタボ・チャシン
37 スコット・ダウンズ
54 ジェイソン・フレイザー
32 ロイ・ハラデイ
44 ケイシー・ジャンセン
28 ショーン・マーカム
18 大家友和
7 ジョシュ・タワーズ
36 ジェイミー・バーミリーア
31 ヴィクター・ザンブラーノ

捕手
47 ジェイソン・フィリップス
9 グレッグ・ゾーン

内野手
11 ロイス・クレイトン
25 トロイ・グロース
2 アーロン・ヒル
6 ジョン・マクドナルド
11 ライル・オーバーベイ
68 ジェイソン・スミス

外野手
15 アレックス・リオス
10 バーノン・ウェルズ

指名打者
26 アダム・リンド
24 マット・ステアーズ
35 フランク・トーマス


故障中
22 ブランドン・リーグ
52 B.J ライアン
3 リード・ジョンソン

ブロとも申請フォーム

<
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ブルージェイズ
4年3400万ドルのオファーを蹴って、5年5500万ドルのオファーに飛びつくのは当たり前。

米国中部にぽつんとある貧乏球団にメッシュがさらわれました。
さすがにジェイズも5500万ドルはだせんだろう。

これで、もう市場に先発投手があまり残ってない中で、現在ジェイズのローテで確定しているのは、ロイ・ハラデイ、A.J.バーネット、グスタボ・チャシンのみ。そして5番手はタワーズとマーカムの競争。しかし、先発4番手がいません!!

そこで、ブラッド・ペニーのトレード話が浮上しています。もしくは、ジェイソン・ジェニングス。交換要員はリード・ジョンソン、もしくはペニーならバーノン・ウェルズになるかもという話が。

バーノンを出すのはどうしてもやめてほしいんですよね・・・
それだとトーマスが故障したとき、グロースが孤立する可能性がある。
せめてリード・ジョンソン+αでまとめてほしい。

先発4番手を取らないと、来年のジェイズ見通しは暗い。

----------------------------------------------------------------
そして昨日2人のバックアップを獲得。

一人目はマット・ステアーズ。38歳。一年契約です。
去年の成績は、打率.247、13本塁打、51打点。
彼はニュー・ブランズウィック州出身のカナディアンでこのチームには珍しい左打ち、そして左翼、右翼、一塁を守れる、控えとしては有能な選手であると思います。

そして、カナディアンなので、実力の割にはかなり人気が出そうです。
(05年の夏休みトロントへ遊びに行ったときには当時所属していたコスキーのT-シャツが大量に売られていた)



そしてルール5ドラフトでジェイソン・スミスを獲得。
去年はコロラドで控えとしてまずまずの成績。ジェイズはジョン・マクドナルドとも契約する予定で、ショートはどうやらクレイトン、スミス、マクドナルドの3人で守っていく予定です。

それか去年はそこそこ打ったスミスがアグラ2世になって大活躍するか。
注目です。








スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Go Jays Go! all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。