Roster

投手
49 ジェレミー・アカード
34 A.J バーネット
39 グスタボ・チャシン
37 スコット・ダウンズ
54 ジェイソン・フレイザー
32 ロイ・ハラデイ
44 ケイシー・ジャンセン
28 ショーン・マーカム
18 大家友和
7 ジョシュ・タワーズ
36 ジェイミー・バーミリーア
31 ヴィクター・ザンブラーノ

捕手
47 ジェイソン・フィリップス
9 グレッグ・ゾーン

内野手
11 ロイス・クレイトン
25 トロイ・グロース
2 アーロン・ヒル
6 ジョン・マクドナルド
11 ライル・オーバーベイ
68 ジェイソン・スミス

外野手
15 アレックス・リオス
10 バーノン・ウェルズ

指名打者
26 アダム・リンド
24 マット・ステアーズ
35 フランク・トーマス


故障中
22 ブランドン・リーグ
52 B.J ライアン
3 リード・ジョンソン

ブロとも申請フォーム

<
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ジェイズの選手
A.J バーネット(A.J Burnett)
1977年1月3日 アーカンソー州リトルロック出身

20070309221909.jpg


1995年、メッツからドラフト8位で入団。
1997年に緊急財政下のマーリンズへ放出。

1999年にマーリンズに昇格し、100マイル前後の速球を武器に4勝をマーク。ところが2000年は故障もあって3勝7敗。

しかし2001年は開幕2試合目にしてノーヒット・ノーランを達成!
9四球を出す荒れ球ではあったが強烈な印象を残した。
結局この年は11勝12敗で初の2ケタ勝利に到達。

2002年は開幕からマーリンズのエースとして健闘したが、8月から9月にかけて肘の痛みで離脱。それでも12勝9敗、防御率3.30と上出来な成績を残した。三振はほぼイニング毎奪った。

ところが2003年は4試合に登板しただけでトミー・ジョン手術を受け、シーズン絶望に。この間、チームは世界一になったが、もちろんバーネットは喜べたものではなかった。

2004年、6月に復帰して7勝6敗に100マイルの速球は無事復活。ところがまた9月を怪我で棒に振った。

こうして怪我の相次いでいたバーネットだったが、2005年は無事開幕から順調にローテーションをこなしていく。5月31日にバーネットとなると話題の上る104マイルを記録。ところが援護に恵まれず、チームもプレーオフ争いから失速すると最終登板直前に首脳陣批判をして解雇されてしまった。

2005年オフにはブルージェイズと5年5500万ドルの大型契約を結ぶ。
しかしその年のオープン戦、肘を痛めて降板してケチのつき初めが始まった。4月の中旬に開幕を迎えるも2試合目で再び肘を痛めて15DL入り。
そして直後に60日に延長される始末。

ようやく6月21日のブレーブス戦で復帰。そして次のナショナルズ戦では本拠地初登板で初完封初勝利。ところがその後はしばらく球威が戻りきらなかった影響で打ち込まれてしまった。契約は大失敗と見られたが、実践を経ていくごとに調子を取り戻して最終戦で2ケタ勝利に到達。
しかし、初めて被安打数がイニング数を上回ったことからも分かるように、やっぱり不完全燃焼のシーズンだった。

怪我が無ければ楽に15勝は計算できる投手。来年はレベルがさらに高くなったAL東地区で真価が問われることになる。
また、バーネットの課題は精神面。ホームランを浴びてすぐ球が荒れたり、ランナーがいる場面でヒットを打たれることが多く、被打率はトップクラスの割には防御率が悪い。これを是非克服してほしい。
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Go Jays Go! all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。