Roster

投手
49 ジェレミー・アカード
34 A.J バーネット
39 グスタボ・チャシン
37 スコット・ダウンズ
54 ジェイソン・フレイザー
32 ロイ・ハラデイ
44 ケイシー・ジャンセン
28 ショーン・マーカム
18 大家友和
7 ジョシュ・タワーズ
36 ジェイミー・バーミリーア
31 ヴィクター・ザンブラーノ

捕手
47 ジェイソン・フィリップス
9 グレッグ・ゾーン

内野手
11 ロイス・クレイトン
25 トロイ・グロース
2 アーロン・ヒル
6 ジョン・マクドナルド
11 ライル・オーバーベイ
68 ジェイソン・スミス

外野手
15 アレックス・リオス
10 バーノン・ウェルズ

指名打者
26 アダム・リンド
24 マット・ステアーズ
35 フランク・トーマス


故障中
22 ブランドン・リーグ
52 B.J ライアン
3 リード・ジョンソン

ブロとも申請フォーム

<
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ブルージェイズ
ブルペンは明日アップします。

○ほぼ残留確定
△微妙
×移籍確実
●マイナースタートの可能性ありだが候補

このオフの一番の課題はバーノン・ウェルズとの契約延長。
5年6000万ドル級の契約要求は必須。
チームはペイロールを増やすといっているが、結局は増やす分がバーノンとの契約延長分に行きそうな予感。

しかし、2006年度開幕時のペイロールからは、ヒレンブランドの580万ドル、ショーエンワイズの275万ドル、ヒンスキーがおそらく200万ドルくらいが削れている。この分を先発に持ってこれるかが鍵。
ここから、今期終了時点で支配下に入っている主な選手の今オフの予想動向です。

先発投手
ロイ・ハラデイ○
A.J バーネット○
テッド・リリー△
グスタボ・チャシン○
ショーン・マーカム○備考:来期先発ローテにいないかも
ジョシュ・タワーズ○備考:おそらく来年のSTで競争となる
ケイシー・ジャンセン●

先発陣はDoc、A.J、チャシンの3人は残留確定。
チャシンはトレードの駒にも使われることはないと思います。
問題はテッド・リリー。
8月の中旬から援護点も結構もらったおかげもあって15勝したが、この「15勝」が基準になった場合厳しい。好不調の波が激しい選手でどっちに転ぶかわからないこの投手の相場は、安くて3年1800万ドル、高くて3年2500万ドル程度と見られています。
1800万ドルなら行くだろうけど、2500万ドルはどうか・・・・・番記者も2500万ドルまでは出さないだろうと語っている。あとギボンズとケンカして血を流した説があるというのもマイナスポイント。もしかしたら本人には残留する気はあまりないのかもしれない。

で、FAの投手だけど、今のところほしいのはギル・メッシュ。
メッシュは今年は後半戦失速したけど、13勝、4点台前半の防御率は計算できる投手。今年の成績から考えて、3年2000万ドルで契約はいけそう。
2400万ドルになってしまっても、突然崩れることがあるリリーよりはマシ。
もしくはミゲル・バティスタの連れ戻し。2年1000万ドルくらいでまとまりそう。あとは、ジェイソン・マーキーもリスクが伴うけど復活したら安い買い物になる。

5番手はタワーズとマーカムの争いか。タワーズは首脳陣からチャンスを与えると確約されている。マーカムも8回無失点で投げた日もあり、二桁勝てるだけの実力を実は持ってるのかもしれない。
この2人がだめなら、もう一度ジャンセンを試す手もある。

捕手
ベンジー・モリーナ△
グレッグ・ゾーン△
ジェイソン・フィリップス○

モリーナ、ゾーンともに三角にしてあるが、×に限りなく近い△。
モリーナの来期のオプションは750万ドル、高い
衰えが見えている上に盗塁阻止率はわずか18%しかない。
ゾーンもダミアン・ミラーの契約をお手本とした待遇を要求している。
つまり来年36歳になるのに、3年くらいの複数年契約を希望ということ。
無論、契約する可能性低し。

JPが、「フィリップスは控えとして重宝する」といっているだけに、彼の残留は濃厚だが、正捕手は誰だ??


内野
ライル・オーバーベイ△
アーロン・ヒル○
ジョン・マクドナルド○
トロイ・グロース○
ラス・アダムス●
ジョン・ハティグ●

オーバーベイは年俸調停権を得るが、残留はほぼ確定。
ヒルも文句なしで残留確定。
契約が2年残っているグロースももちろん残留確定。
唯一の穴はショート。
しかし、ルーゴを獲得する可能性が高く、彼がトロントにこればもちろんそれでカバーできる。もし獲得に失敗すれば、クレイトンの獲得で守備はカバー可能。
もしくはアダムズにもう一年だけ賭けて、活躍するのを待つのも手ですが、その可能性はあまりないと思われます。

ジョン・マクドナルドも残留の可能性は大きい。出場機会が確実に減りますが、文句を言うような選手ではないと思います。控えとしてハツラツな守備を見せてくれるでしょう。
そしてはじめてのグアム人大リーガーとなったジョン・ハティグも、控えとしてでも、開幕ロースターに入れるかは微妙。

外野
フランク・カタラノート△
リード・ジョンソン○
バーノン・ウェルズ△
アレックス・リオス○
アダム・リンド○

リンドが台頭してきて外野の勢力図が狂った。
リオスは残留だろう。
問題は、センターとレフトです・・
バーノンはチームがペイロールを30M増やす予定でありながらも、GMとの対立が伝えられており残留は五分五分と言ったところ。
レフトは、リンドにジョンソンにカタラノートと大混雑。
カタラノートはDHを嫌っており、足もジョンソンほど早くないことからジョンソンかカタラノートかどちらかを比べるとカタラノートのほうが出される可能性が高い。バーノンが出てしまった場合は残留へ一気に傾きますが・・



スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Go Jays Go! all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。